ボローニャのポルティチ(回廊)が世界遺産に!

登録されている世界遺産の数が世界一多いイタリア。2021年7月28日(水)にはさらに新しい登録場所が増え、その中にボローニャのポルティチ(回廊)が含まれていました!
この記事ではボローニャのポルティチ(回廊)について詳しく紹介していきます。状況が落ち着き海外旅行ができるようになったら、ぜひボローニャのポルティチを見に来てくださいね。

ポルティチ(回廊)とは?

ポルティチとは回廊(屋根付きの廊下)のこと。ボローニャの旧市街には、至る所にこの回廊が作られているんです。

世界一古い大学「ボローニャ大学」がある事でも有名なボローニャ。もともとは、世界中からやってきたボローニャ大学の学生達に貸す部屋を作るために、建物の1階部分にポルティチ(回廊)、2階以上の部分に部屋を作ったと言われています。

  • ポルティコ?それともポルティチ?ポルティチについては、ポルティコと書いてあることもあるので「一体どっちなの?」と思う人がいるかも。
    イタリア語は単数形と複数形で単語の形が変わるため、ポルティコ(portico)⇒単数形(1つの場合)
    ポルティチ(portici)⇒複数形(2つ以上の場合)回廊がいくつあるかによって呼び方が変わってしまうんです(ややこしい…涙)ボローニャ旧市街に回廊はいくつもあるため、イタリアの新聞等では「portici」と複数形で書かれることが普通。…というわけで、この記事でも複数形の「ポルティチ」を使っています。

ボローニャの旧市街を歩いているとそこら中でポルティチを見かけます。このポルティチがあると夏の強い日差しや冬の雪を防げるので、昔はこのポルティチの下がたくさんいる職人たちの作業場だったとか。
今でも、ボローニャ旧市街に行くと雨でも傘無しで歩けるのでとっても便利!夏の暑い時期には、強い日差しを遮ってくれるので体力消耗も防げます。

ボローニャ旧市街にあるポルティチを全部繋げると…

ボローニャ旧市街に多く作られたポルティチ(回廊)。ボローニャの旧市街を歩いていると、ポルティチの多さにびっくりする人も多いと思います。
旧市街にあるポルティチを全部繋げると、なんと約42㎞にもなるんですよ!

ポルティチのデザインはいろいろ!

ボローニャの旧市街では至る所でポルティチを見ることができますが、建物によってそのデザインも様々!ボローニャ旧市街を散策する時には、ぜひポルティチのデザインも楽しんでくださいね。

ボローニャ旧市街のいろいろなポルティチを少し紹介!

スポンサーリンク