ボローニャ旧市街でゆったりとお茶をするなら!ボローニャ旧市街の雰囲気のいいカフェ2選

カフェ・BAR(バール)


こんにちは、サトコです。
ボローニャ・モデナ情報がマルっとわかる情報ガイドブログ「ボローニャモデナウェブ」へようこそ♪

 

少し前にこのブログでモデナ旧市街にある雰囲気のいいカフェ2つを紹介したのですが、今回はボローニャ旧市街にある雰囲気のいいカフェ2つを紹介しますね。

ボローニャには本当にたくさんのバールやカフェがあるのですがカジュアルな所が多く、悪く言えばゆったりできない(涙)。

人の出入りが多くてガチャガチャしていたり、店員がせわしなく動き回っていたり、テーブル席が狭かったり・・・。

 

「日本のカフェみたいにゆっくり落ち着けるカフェはないの~~!?」

 

と少し前からボローニャ旧市街に行くたびに、雰囲気のいいカフェを探してウロウロしていました。

 

 

ひとつ目のカフェはもうずいぶん前に見つけて、それからボローニャ旧市街でゆっくりお茶をしたい場合はよく行っているのですが、少し前にもう一つゆったりできそうなカフェを見つけたので2つまとめて紹介しますね。


多くのバールより値段設定は高めですが、雰囲気代だと思えば◎。
日本はコーヒーが高いことも多い(コンビニのコーヒーは安いですが)ので、イタリア人やイタリア在住の日本人にとっては高めでも、日本人にとっては「安い!」と思うかも。


どちらもきれいなトイレがありますよ~(これ大事)!



 

ホテル「I Portici」内にあるカフェ「BOTTEGA PORTICI」

ボローニャ中央駅から旧市街へ延びる大通り「インディペンデンツァ通り(Via Indipendenza)」沿いにあります。
(かなり中央駅に近い当たりです)


ミシュラン一つ星レストランが入っているホテル「Hotel I Portici」の中にあるカフェ
中は少し暗めになっていてゆったりできます。

 

値段設定が少し高めのためか、ホテルの中にあるためか、客層はビジネスマンや富裕層が多い印象です。
怪しい人は中には入ってこないので、その点も安心♪





(外にも席がありますが、横を歩行者が歩くのでゆったりできなさそう・・・。
中の席がおすすめです)

 

入り口から入ると、生パスタを作っている作業場を見ることができます。

入り口を入った所(右側)にあるレジで、まずは注文してお金を払いましょう。
もらったレシートを持って、レジの左奥のカフェスペースに進みます。



カフェスペースに入ったらすぐ左側にカウンターがあるので、スタッフにレシートを見せましょう。



そのまま空いた席に座っているとコーヒーを持ってきてくれます。


※スタッフによっては「E' pronto! (エ・プロント!=できましたよ!)」と呼んでくれることも。
その場合はカウンターまで取りに行きましょう。


熱いカプチーノが欲しい人は「熱いカプチーノを頼みたい時に」の記事も参考にしてください
(ここは注文時ではなく、カウンターでレシートを見せる時に言ってくださいね!)
 
 
ここはカプチーノもなかなかおいしく、ゆったりできるカフェとしておすすめ。
 
午前中はカフェの後ろ側にブリオシュ(クロワッサンなどの甘いパン)がたくさん並ぶのですが、これもおいしそう・・・^ ^。
 

ボローニャ中央駅近くでゆっくりお茶がしたくなったら、ぜひ行ってみてくださいね!
 
 
ちなみに・・・カプチーノは1.8ユーロです。
(一般のバールやカフェだと大体1.4ユーロぐらいなので、少し高め。
でも日本に比べると安いですよね~♪)

エスプレッソやカフェ・マキアートだと1.3ユーロぐらいかな?
ここではカプチーノを飲むことが多いので、エスプレッソの値段が曖昧ですみません・・・> <
 
 
【BOTTEGA PORTICIのトイレは?】
カフェ内にはトイレはなく、ホテルのトイレを使うよう言われます。
カフェエリアに入ってきた入り口と反対側にホテルへ通じる出入り口がありますので、そこからホテルのフロントエリアに行きましょう。
フロントを正面にして左奥にトイレがあり、カフェ利用者はここのトイレを使ってOKです。

【トイレの場所が分からない場合は・・・】
トイレがどこか分からない場合は、
「Dov'è il Bagno?(ドヴェ・イル・バーニョ?=トイレはどこですか?)」
とスタッフに聞いてみましょう。
言葉が分からなくても方向を指さしてくれるので分かると思います。

↑上のフレーズが難しい場合は
「Bagno?(バーニョ?=トイレは?)」
と聞いてもわかってくれると思います。

※もちろん、英語でも通じるはず。
少しイタリア語を話してみたい!という人は使ってみてくださいね。
 
 
 

 Palazzo Fava(パラッツォ・ファーヴァ)の市立中世美術館内のカフェ


Palazzo Fava(パラッツォ・ファーヴァ)には「市立中世美術館(Museo Civico Mediovale)」があるのですが、この美術館内にあるカフェ


雰囲気のいいポルティコ(回廊)があるマンツォーニ通り(Via Manzoni)

写真に映っている赤い旗が美術館の入り口なのですが、美術館の入り口の隣にカフェの入り口があります。

(美術館内からも行くことができますが、カフェのみ利用する場合はマンツォーニ通りから入りましょう)
 



中では、カウンターに立ったまま飲んでいる人もたくさんいました。

カウンターで注文して席に座ると、席まで持ってきてくれます。
(ここは必ず席まで持ってきてくれますよ!)
 
 
「カウンターで注文して席に座る」と言っても、「実際にスタッフに何て声をかければいいの?と分からない人がいるかもしれないので、私がいつもしている方法を紹介しておきますね。
(人によって方法はいろいろだと思うので、あくまで参考程度に・・・)

①カフェに入ったらカウンターでスタッフに注文する
例)
Un Cappucino, per favore. (ウン・カップチーノ・ペル・ファヴォーレ
・英語だと「One cappuccino, please.」でも◎

※熱いカプチーノが欲しい人は「熱いカプチーノを頼みたい時に」の記事も参考にしてください

②注文したら、席に座ってもいいか聞く
例)
・自分一人の場合:Posso sedermi?(ポッソ・セデールミ?=座っていいですか?)
・2人以上の場合:Possiamo sederci?(ポッスィアーモ・セデールチ?)

もっと丁寧に言う言い方として「Posso」の代わりに「Potrei」を使う言い方もあるのですが、観光客なら「Posso」で十分

※※イタリア旅行ですぐに使えるイタリア語3つ」で紹介した「Posso?」を使うなら、注文の後に空いているテーブルを指さしながら「Posso?」と聞けばOK


③席に座って待つ
「もちろん!コーヒーは僕が持っていくよ」のような事を言ってくれると思いますので、空いている席に座って待ちましょう。
 
 
美術館内のカフェということで値段設定が少し高めなので、客層はビジネスマンや富裕層が多い印象です。
ここも怪しい人は中には入ってこないので安心♪
 
 
 
天井にはフレスコ画。

 
 この日はカフェ・エスプレッソを頼んだのですが、ここはカップも素敵でした。
コーヒーもおいしい!


ちなみに、カフェ・マキアートは1.8ユーロでした。
美術館内にあるカフェなので、「BOTTEGA PORTICI」よりも更にお高めの値段設定です。
 
 
 
支払いは、カフェを出る時にカウンターで払いましょう。


 
【美術館内のトイレは?】
カフェ内にはトイレはなく、外のトイレを使うよう言われます。
カフェのカウンターの横の階段から外に出てまっすぐ行くと突き当りにトイレがあります。


美術館とは別に行われている展示会のチケットカウンターの横に、トイレへの入り口があります。



【トイレの場所が分からない場合は・・・】
トイレがどこか分からない場合は、
「Dov'è il Bagno?(ドヴェ・イル・バーニョ?=トイレはどこですか?)」
とスタッフに聞いてみましょう。
言葉が分からなくても方向を指さしてくれるので分かると思います。

↑上のフレーズが難しい場合は
「Bagno?(バーニョ?=トイレは?)」
と聞いてもわかってくれると思います。

※もちろん、英語でも通じるはず。
少しイタリア語を話してみたい!という人は使ってみてくださいね。
 
 
 
 ボローニャ旧市街でゆったりできる雰囲気のいいカフェを2軒紹介しました。

またボローニャ旧市街の素敵なカフェを見つけたら、このブログで紹介しますね!